文社協とは

社会福祉協議会は、社会福祉法に基づき「地域福祉の推進」を目的に、全国・都道府県・市区町村のそれぞれに組織されている非営利の民間団体です。
文京区社会福祉協議会(文社協)は、昭和27年(1952年)に設立し、昭和38年(1963年)に社会福祉法人の許可を受けました。

 

文社協は、地域福祉活動計画の基本理念である「知り合い、伝え・伝わり、心を寛(ひろ)げ、つながりをもつことで、『お互いさま』が生まれるまち」の実現に向けて、様々な事業を通じて地域の皆さま、民生委員・児童委員、行政、福祉施設、ボランティア・NPO、企業等の皆様とともに、地域福祉の向上と充実に努めています。

 

定款(215KB)

役員報酬(97KB)

役員名簿(95KB)

評議員名簿(94KB)

 

 

地域福祉とは?

「地域福祉」とは「誰もが、住み慣れた場でその人らしく暮らせる地域社会と仕組みをみんなでつくる」ことです。
今、社会の変化により公的な支援だけでは対応できない課題や対象別の制度の狭間に陥っている課題が発生しています。
また地域から孤立し、必要な社会資源に繋がっていない人が多くなっています。
そのため、地域における新たなつながりを再構築することが必要です。
地域の様々な構成員が分野を超えてつながることで、地域社会全体を支え、誰もが役割をもちお互いが配慮し存在を認めあい、そして時に支えあうことで孤立せずにその人らしい生活を送ることができるような社会を目指しています。

 

 

文社協組織図

aboutus-detail__img-01.jpg

 

 

文京区地域福祉活動計画

地域のために、文京区社会福祉協議会と地域の皆さんが一緒に取り組む「地域福祉活動計画」を策定しています。

 

 

 

 

広報紙

文社協だよりを年に6回発行しています。