お知らせ

令和2年度 ボランティア・市民活動団体等研修費助成

2020年09月01日

概要

地域貢献活動を行うボランティア・市民活動団体等に対し、その活動を深め、より充実させるための研修開催を支援することを目的としている。

対象研修

以下の3つの区分いずれかに該当するもの

(区分①~③の合計金額が、1団体4万円上限)

区分① 団体企画研修
※「平成31年度ボランティア・NPO団体等研修費助成」と同等の内容のもの

区分➁ オンライン導入研修
※令和2年度より新設した区分

区分③ 防災・減災プログラム研修
※令和2年度より新設した区分

対象団体

  1. 文京区民を主たる対象とした地域貢献活動を行っているボランティア・市民活動団体等
  2. 規約、会則等の組織運営に関する定めを有していること
  3. 助成対象事業等に関する経費について、独立した会計処理を実施し、報告できる団体であること
  4. 研修実施にあたり、新型コロナウィルス感染拡大防止のための対策を行っていること

助成金額

  • 1団体につき年間4万円が上限(助成金額の千円未満の額は切り捨て)
  • 助成総額48万円

応募期間

令和2年9月1日から先着順に審査・交付決定し、助成総額に達し次第、応募受付を終了する。(令和3年3月31日までに実施する研修が対象)

申請方法

所定の助成金申請書類に必要事項を記入の上、資料を添付し、文京ボランティア支援センターまで持参または郵送にて申請。

 

以下の中から必要書類をダウンロードし、ご利用ください。

令和2年度ボランティア・市民活動団体等研修費助成応募の手引き

別紙1 研修費助成区分

【様式第1号】交付申請書

【様式第2号】講師プロフィール

【様式第3号】協力者プロフィール

【様式第1号】交付申請書(記入例)

研修実施ガイドラインチェックシート

研修実施ガイドラインチェックシート(記入例)

 

▼交付決定後に必要な書類

【様式第8号】事業報告書

【様式第8号】事業報告書(記入例)


参考

ボランティア・市民活動団体等研修費助成実施要領


※詳細は、令和2年度ボランティア・市民活動団体等研修費助成応募の手引きをご覧ください。

注意点

  • 今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、オンラインでの研修開催を推奨しています。 

  • オンラインでの開催が難しい場合は、文京ボランティア支援センターが定めるガイドラインに沿った環境で実施していただくことを、申請書にて確認させていただきます。

  • 団体の皆さまには、研修に参加される方の健康および感染拡大防止を第一に考え、研修会の開催をご検討くださいますようお願いいたします。

 

.jpg

 

お問合せ先

文京ボランティア支援センター

  • 電話:03 ( 3812 ) 3114
  • FAX:03 ( 5800 ) 2966
  • 受付時間午前8時30分~午後5時15分 祝日・年末年始を除く月~金曜日
  • お問合せフォーム 
ページの先頭へ