お知らせ

つなぐいのち基金

2017年02月24日

概要 つなぐいのち基金は、
高齢者と子どもの相互扶助の関係作りを推進することで、社会効率を高め、次の世代へより良い社会をつなぐことを目指す公益財団法人です。
現時点では、経済的・身体的な困難を抱える児童や幼児への支援を行い、もって児童の心身の健全な育成に貢献することを目的にしています。
社会的ハンデを抱える子どもへの援助のため、主にライフエンディング・ステージにある高齢者層および事業者から寄付を募り、その公正な配分を通して「いのちが新しいいのちにつながる社会」「機会が均等に与えられる社会」の実現に資することを目的に活動しています。

そして、経済面を中心とした世代間格差の解消、特にライフエンディング世代から次世代を担う子供への支援という仕組みの構築・運営、同時に、超高齢社会における高齢者の「弧」問題について対策を検討することで、長期的視野に立った児童福祉の補完機能となる仕組み化を目標にしています。
対象団体 児童の社会的養護施設、又は、養護施設に入居する児童や社会的ハンディキャップを抱える子供たちを支援する団体や事業プロジェクト(以下、「児童支援団体」とする。)に助成を行うことにより、児童の心身の健全な育成に貢献することを目的としていこの目的に合致した、優れた活動及び、これを推進する団体機関を支援するための助成先募集を行います。
対象経費・
助成金額

http://tsunagu-inochi.org/contactus/

 

(1)平成29年度対象事業の助成金の概要

児童福祉に目的とした、社会的ハンデを子どもたちを対象とした支援事業、支援活動、支援プロジェクト等に対して
助成金 10万円~40万円 を支給します。
 (助成総額は 100万円です。)

(2) 募集数

助成先 3~7団体 を予定

(3) 助成の対象となる時期

2017年4月から2018年2月に至る期間に実施されるもの

(4) 事業実施場所

主催者や参加者等の国籍等は問わないが、実施場所は日本国内を中心とするものに限る

(5) 助成についての留意事項

助成金額は、1件あたり20万円を基準といたしますが、実際の支給額は内容等を勘案して最終決定します。
 

 

 

応募期間 2017年2月1日(水)~2月25日(日) 24:00まで
詳細内容

(1) 日本国内を活動の場とする、下記のいずれにも該当する団体であること
1. 社会福祉法人、NPO法人、任意団体等 (NGOやボランティア団体等)
2. 設立後1年以上の活動実績を有する団体 (基準日:平成29年1月31日)

 

(2) 次のいずれかの活動を行う団体であること
1. 恵まれない子供たちが、地域社会などと関わりを持ちながら、より人間らしく健全に成長できるための直接支援活動
2. 単発的なレクリエーション活動ではなく、社会的ハンデを抱えた子どもたちの中長期的な生育環境の改善に資する活動
3. 助成によりどのように点が充実、発展するのかが明確である活動

申請書

申請方法 助成金の使途の制限、PCやブラウザ環境によりWEBエントリーができないなどの場合は、下記のメールアドレス宛にご相談ください。
宛先ドレス: entry@tsunagu-inochi.org
メール件名:【助成申請】貴団体名

お申込み・お問合せ先

公益財団法人 つなぐいのち基金 事務局
お問合せフォーム
http://tsunagu-inochi.org/contactus/

ページの先頭へ